演奏会のご案内
Concert Information

<第109回定期演奏会>

開催日時 2021年2月7日(日) 開場:13時30分 開演:14時30分
開催場所
出  演

指揮:三原 明人

チェロ:佐山 裕樹

曲  目

モーツァルト:「魔笛」序曲

ハイドン:チェロ協奏曲第1番

ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」

入 場 料

12月1日発売

全席自由

前売り 一般:1,200円 小中高600円

当日 一般:1,500円 小中高800円

当日は、新型コロナウイルスの感染防止対策を講じながら開催いたします。

「チラシをみる」をクリックし、チラシの裏面をお読みください。

演奏時間は、アンコールを含めおよそ90分です。休憩時間を設けませんので、予めご承知おきください。

演奏中に席を立たれる場合は、周囲へのご配慮をお願いします。

 

出演者紹介
三原 明人

1961年東京生まれ。東京芸術大学を経て、桐朋学園とウィーン国立音楽大学で指揮法を小澤征爾、秋山和慶、尾高忠明、C.エステルライヒャー、V.ノイマンの各氏に師事。さらにイタリアでG.ロジェストヴェンスキー、M.アツモン、ドイツでH.バイセルの各氏に師事。1989年オランダで行われた「第2回キリル・コンドラシン国際青年指揮者コンクール」第2位、1993年ドイツ・ハレで開かれた若手指揮者育成のための「DIRIGENTEN FORUM」で最優秀ファイナリスト、1996年ポルトガルで行われた「第8回リスボン国際青年指揮者コンクール」第3位(1位なし)受賞。ウィーン・フィル公演でバーンスタインのアシスタントを務めたほか、ベルリン・フィル来日公演ではアバドのアシスタントを務めるなど研鑚を積んだ後、ヨーロッパと日本を中心に活動し、これまでにオランダ放送フィル、ドイツ・ハレ国立フィル、ブタペストMAV響、リスボン・メトロポリタン管、フィンランドのクオピオ響、ブルガリアのソフィア・フィル、読売日響、東京都響、日本フィル、東京交響楽団、札幌交響楽団、山形交響楽団、群馬交響楽団、神奈川フィル、名古屋フィル、オーケストラアンサンブル金沢、広島交響楽団、佼成ウィンドほかを指揮して、コンサート、テレビ、ラジオなどへの放送録音、CD・映画音楽製作など各方面から高い評価を得ている。現在は東京音楽大学講師及び同付属高校講師として、後進の育成にも務めている。

佐山 裕樹

栃木県出身。第13回ビバホールチェロコンクール第1位。第70回全日本学生音楽コンクールチェロ部門大学の部東京大会及び全国大会第1位。クロンベルク・アカデミー(ドイツ)で行われたチェロマスタークラス2018にて、フランス・ヘルメルソン氏のレッスンを受講。選抜メンバーによるファイナルコンサートに出演し、フランス・ヘルメルソン賞を受賞。第29回青山音楽賞新人賞。これまでに栃木県交響楽団、真岡市民交響楽団、YAO管弦楽団、宇都宮シンフォニーオーケストラ等と共演。草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル、小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト、小澤国際室内楽アカデミー奥志賀に参加。チェロを宮田豊、林峰男、宮田大、倉田澄子各氏に師事。室内楽を山崎伸子、堤剛、伊藤亮太郎、練木繁夫各氏に師事。桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を経て、桐朋学園大学音楽学部チェロ科を首席で卒業。2020年度桐朋学園大学チェロアンサンブル・サイトウ奨学生。現在、桐朋学園大学音楽学部ソリスト・ディプロマコース在籍。