演奏会のご案内
Concert Information

<第107回定期演奏会《第40回宇都宮市民芸術祭》>

開催日時 2019年6月2日(日) 13:30開場 14:00開演
開催場所
宇都宮市文化会館 大ホール
出  演

指揮:末廣 誠

曲  目

ベートーヴェン:交響曲第8番

R.シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」

入 場 料

一般前売り1,200円 小中高前売り600円

一般当日1,500円 小中高当日800円

4月2日(火)発売

出演者紹介
末廣 誠

鹿児島県生まれ。鹿児島大学卒業及び桐朋学園大学修了。指揮を秋山和慶、堤俊作、H.レーグナー各氏に師事。1981年、鹿児島オペラ協会10周年記念公 演において、石井歓作曲オペラ『カントミ』の初演を指揮、1987年銀座にオープンした銀座セゾン劇場の柿落としにおいて、M.コンスタン作曲、P.ブ ルック演出の『カルメンの悲劇』を50日間に渡り指揮し、世界各国から招かれた歌手や、コンスタン氏自身より絶賛される。1989年、東京青山劇場におい てR.コルサコフ作曲オペラ『サルタン王の物語』日本初演の訳詞及び指揮を担当し、高い評価を受ける。以後各地のオペラ公演を多く手がけ、数多い作品のレ パートリーを誇っている。またバレエ公演も手がけ日本初演した作品も多く、舞台作品における技量は各界から厚い信頼を得ている。 1990年ハンガリー・ニーレッジュハーザ市においてサボルチ交響楽団を指揮、同年旧東ドイツ・ワイマール市で開催された国際セミナーに参加。H.レーグ ナー氏のもとで研鑽を積み、最終コンサートにおいてイェーナー・フィルハーモニー管弦楽団を指揮、チューリンガー・アルゲマイネ紙に“真にプロフェッショ ナルな指揮者”と絶賛される。1991年、ポーランド・カトヴィツェ市で開催された第4回フィッテルベルク国際指揮者コンクールにおいて優勝、第1位ゴー ルドメダルとオーケストラ特別賞を併せて受賞する。翌年より、ポーランド国立放送交響楽団をはじめとする各地のオーケストラに招かれ、クラコフ放送交響楽 団の首席客演指揮者に就任。また国立シレジア歌劇場において『トスカ』を指揮してヨーロッパにおけるオペラデビューを果たし、以後定期客演指揮者として多 くの作品を指揮し、常に高い評価を得ている。1999年、ジャズピアノの巨匠チック・コリア氏と共演、同氏より絶大な信頼を寄せられる。 帰国後、群馬交響楽団指揮者を経て、1995年から1999年まで札幌交響楽団指揮者を務め、以後多岐に渡る活動を続けている。高いレベルの演奏を引き出す着実な手腕は、常に信頼と評価を得ており、今後の活動が期待されている。また、曲目解説等の執筆活動も盛んに行っており、その軽妙な切り口の文章は評判 を得る一方、演奏会の司会、企画等にもその才能は遺憾なく発揮されている。2007年12月、レッスンの友社よりエッセー「マエストロ・ペンのお茶にしま せんか?」を刊行。